新たな再生可能エネルギー

作業員

安定した電気の配給が可能

最近ではオールん電化と呼ばれる全てを電気で動かしている住宅も増えてきていますが、東日本大震災の影響もあって電気についての関心が高まっています。特に再生可能エネルギーについての関心が高く、一般家庭でも再生可能エネルギーの一つとして太陽光発電をしているという家庭が増えているのです。再生可能エネルギーと呼ばれるクリーンな発電は環境への悪影響が無いため、世界中で研究が進められている最新の発電方法でもあるのです。そんな再生可能エネルギーの一つとして最近注目されているのがバイオガス発電です。現在日本で広く行われている再生可能エネルギーである太陽光発電ですが、その最大の欠点として安定した電気の供給が難しいということがあります。太陽光の力によって発電を行っているため、夜間には発電が出来ないというだけではなく天候によっても発電出来なくなってしまうことがあるのです。一方で有機ガスによって発電を行うバイオガス発電は再生可能エネルギーでありながら、天候や昼夜関係なくいつでも安定した電気を配給することが可能というメリットがあります。24時間365日稼働させることも可能であるため、いつでもバイオガス発電によって電力を得ることが出来るようになるのです。有機ガスを利用するバイオガス発電は有機ごみを減らすというメリットがあるだけではなく、残ったごみは有機肥料などに利用可能であるために環境に悪影響を与えること無く発電することが出来るというメリットが考えられるのです。

Copyright© 2018 需要が高まっている発電方法【バイオガス発電の特徴を大公開】 All Rights Reserved.