クリーンな発電

家

地球に優しい方法

バイオガス発電とは、バイオガスを燃料にして発電する方法です。日本では、まだ知名度は低く普及率も少ないのですが、再生可能エネルギー、クリーンな発電方法として徐々に注目され始めています。バイオガスとはバイオガスは、家畜の排泄物、食料廃棄物、汚泥などの、有機廃棄物が発酵する事で発生します。発酵槽に有機廃棄物を入れると、槽内の菌により分解が始まります。菌が分解した様々な成分の中にバイオガスとなる気体が含まれているのです。その後、気体、液体、固体に分け、気体部分を別の場所へ集めます。微量ながら含まれている有毒成分も、この時点で取り除きます。こうして、メタンや二酸化炭素などを主成分とする、バイオガスが出来上がります。発電バイオガス発電の発電方法自体は、目新しいものではありません。ガスを燃焼し、ガスエンジンやガスタービンを回すことで発電するというものです。これは火力発電などで、既に使用されている方法の一つです。火力発電では一般的に、石油系燃料や液化天然ガスなどを使っています。バイオガス発電は、この燃料にあたる部分にバイオガスを使用します。そして、今まで捨てているだけだったゴミを、エネルギーとして再利用できます。 これにより、ゴミの排出量を減らすことが可能です。このバイオガスは燃焼しても、二酸化炭素排出量が少ない燃料です。 温室効果ガスの排出抑制は、国際社会の課題にもなっています。そして、従来の化石燃料とは違い、将来的に枯渇の恐れがありません。 安定供給だけではなく、エネルギーの地産地消の可能性も生まれます。バイオガス生成時の、液体、固体の成分は上質な肥料として再利用できます。また、ガス以外の部分も、無駄なく有用に使うことが可能です。

Copyright© 2018 需要が高まっている発電方法【バイオガス発電の特徴を大公開】 All Rights Reserved.