ゴミを減らせる発電

ドラム缶

バイオガスを使った発電法

バイオガス発電の仕組みバイオガス発電とは、バイオガスを燃料として発電する方法です。目的の発電を行う前に、燃料となるバイオガスを作る必要があります。他の発電と大きく異なる部分であり、バイオガス発電の要とも言えます。バイオガス発電は、原料の調達・回収家畜など生物の排泄物、食料廃棄物、汚泥などの有機廃棄物が主な原料となります。これらの原料の投入有機廃棄物を細かく砕き、バイオガスプラント内の発酵槽へ投入します。そして、発酵槽嫌気性発酵(メタン発酵)と呼ばれる方法が行われます。嫌気性というのは無酸素という意味で、それゆえ槽内は密閉されており、臭気漏れはありません。発酵槽を適切な温度に過熱し、発酵を活性させる環境を作ります。槽内の菌によって、有機廃棄物は様々な成分に分解されます。この過程で、発生した気体がバイオガスへとなるのです。バイオガス生成発酵槽内で発生した気体を集め、精製していきます。可燃性ガスであるメタン、二酸化炭素が主な成分です。メタンの濃度などの調整、金属を腐食させる硫化水素の除去などを経て、バイオガスの完成です。さらにバイオガスの保管完成したバイオガスは適切に保管され、使用されるのを待ちます。ガスを発電機へ送るバイオガスを、発電機となるガスエンジンへと送り、発電します。ガスエンジン発電機は高効率、燃焼の最適化により、二酸化炭素の排出量が少ないなどの特徴があります。以上がバイオガス発電での、ガス生成から発電までの流れとなります。その後は、発電した電力を自己の施設へ利用したり、売電して収入を得る事も出来ます。発電時に発生する熱も回収され、プラントの発酵槽への過熱に使われたりと無駄がありません。発酵槽内で分解された際に出る液体は、肥料として利用することも出来ます。

Copyright© 2018 需要が高まっている発電方法【バイオガス発電の特徴を大公開】 All Rights Reserved.