バイオガスの発電とは

電球

次世代のエネルギー

バイオガス発電とは既存の化石燃料に代わってバイオガスを利用して発電する方法です。いわゆる再生可能エネルギーの一種で、次世代のクリーンエネルギーとして期待されています。バイオガス発電は家畜の排せつ物や食品廃棄物から有機ガスを発生させ、その有機ガスを可燃性のエネルギー「バイオガス」に変換する事で発電機を回します。同系統の再生可能エネルギーにはバイオエタノールと呼ばれるものがありますが、バイオガス発電はバイオエタノール発電に比べてエネルギー回収効率が高いというメリットがあります。発電構造がシンプルで既存の発電システムと比較するとトラブルを起こしにくいのも特徴の一つです。バイオガス発電を導入する上での大きなメリットは、上記に加えて電力の安定供給性と発電コストの削減が同時に達成される点です。その殆どを輸入に頼る為に為替市場や国際情勢に影響を受ける化石燃料や、気象条件に左右されやすい自然エネルギーとは異なり、バイオガスの元となる有機ガスの生成物は自前で調達できるものです。これにより安定した電力供給を長期的に行う事ができます。発電コストに関しては本来ゴミとして処分するはずだった有機ガスの生成物を発電に回す事になりますので、処分費用や償却費用を抑える事に繋がります。また過剰電力の売却も可能なので、トータルで見ればコストを削減する事ができるのです。再生可能エネルギーの最大の利点でもある温室効果ガスを排出しない点もバイオガス発電のメリットと言えます。

Copyright© 2018 需要が高まっている発電方法【バイオガス発電の特徴を大公開】 All Rights Reserved.