家

クリーンな発電

バイオガス発電は、自ら生み出した不要なものを、有用なものへ戻すという形の一つです。地球資源に頼らない、自分達で生み出していく新たな形の一つ。環境への配慮やリサイクル理念など、将来性のある方法といえるでしょう。

詳しく見る

作業員

新たな再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとして太陽光発電を行う一般家庭も増えていますが、それよりもメリットがあるとして注目されている新たな発電方法がバイオガス発電です。有機ガスを利用したバイオガス発電は太陽光発電とは違い、天候などに左右されることがないため一年中安定して電気の配給が可能になるというメリットがあるのです。

詳しく見る

ドラム缶

ゴミを減らせる発電

バイオガス発電は、これまで不要であった生ゴミを、有用なものへと再活用する方法です。ゴミの量自体を減らせるといった、とても大きな可能性を持っています。温室効果ガスの排出抑制効果にも期待出来ます。こうした地球環境への配慮は、国際社会での取り組みにも貢献出来ることでしょう。

詳しく見る

電球

バイオガスの発電とは

バイオガス発電は、名前の通りバイオガスを利用して発電を行なうものです。再生可能エネルギーの一つであり、次世代のエネルギーとして指示されています。また、温室効果ガスを排出しない点も魅力の一つです。

詳しく見る

コンセント

再生可能エネルギーの一つ

太陽光発電のように、再生可能エネルギーを利用することは最近とても増えてきています。その中の一つにバイオガス発電というものもあります。ただし、これはまだそれほど一般家庭に浸透していません。家畜の糞尿や食品廃棄物などから出るバイオガスを生成してエネルギーにすることができます。

詳しく見る

生ごみの活用

サイクル

普及へのポイント

再生可能エネルギーとして注目されているものに、バイオガス発電がある。バイオガス発電は、生ごみなどを発酵させ、ガスを発生させたうえでそれを活用するという発電方法である。生ごみを活用できるため、発電と合わせてごみの削減に繋げることができ、特に環境への効果が高い発電方法となっている。また、発電で残った液体などは肥料として二次活用もできるため、ゴミを出すことなく発電することができる。バイオガス発電では、電力として利用するためには多くのゴミなどが必要となるということがある。最近では発電効率が改善されてきており、少ない生ごみでも多くのガスを抽出できるようになってきている。その為、これらの技術が向上し、各家庭で導入できるレベルになることで、より活用できるものとなる。再生エネルギーでの発電では、太陽光発電や風力発電など自然状況に発電量が大きく左右されるものが多いということがある。その為、天候などにより発電される電力量が変わり、読みにくいということがある。これらに対して、バイオガス発電では、生ごみや糞尿などを確保できれば確実に発電することができるため、発電量を読みやすいということも大きな魅力になっている。近年では、個人宅向けのバイオガス発電機も開発されてきており、今後普及が期待されている発電方法となっている。家庭で出る生ごみと糞尿を集めて利用することで、無駄を出すことなく電力を生み出すことが可能になる。

Copyright© 2018 需要が高まっている発電方法【バイオガス発電の特徴を大公開】 All Rights Reserved.